今年はコロナのせいで例年にはないことがたくさん起こります。


野球界も例外ではなく、プロ野球の日程は大幅に変更され、夏の甲子園大会は中止に追い込まれてしまいました。


私たち少年野球チームの周辺で起こることも例外ではありません。緊急事態宣言が発令されている間は、チームの活動を自粛しなくてはならず、多くの大会のスケジュールも変更されてしまいました。


今回試合のあった「さわやかカップ教育リーグ」もスケジュールが変更になった大会のひとつです。


さわやかカップ教育リーグは、5年生以下を対象とした試合で、来シーズンに向けたチーム作りを目的とした新人戦のような位置づけです。


また、さわやかカップは、勝利至上主義にならず多くの選手を起用するという趣旨のもと運営されている大会です。


そのため出場したチームは、予選リーグの成績に関わらずすべて決勝トーナメントに進出できる仕組みになっています。


ただし決勝トーナメントでは、予選リーグ上位と下位のチームの組み合わせになるので、予選でよい成績を残した方が有利であることに間違いありません。

0勝3敗だった予選リーグ


ブレイズのさわやかカップ教育リーグの予選成績はどうだったのかというと、惨敗続きの三連敗・・・。

  • 横浜ブレイズ 1対21 DMファイターズ
  • 横浜ブレイズ 0対12 東本郷レインボーズ
  • 横浜ブレイズ 1対24 戸塚ACFホークス


  • 三試合で得点2、失点57とボロボロでした。


    ゴロが捕れない、フライは落とす、投げれば暴投。アウトを一つ取れば「おおー!すごい!すごい!」と大盛り上がりするくらいの状態だったので、毎試合ボコボコにやられてしまうのは無理もありませんでした。


    いや、あの頃は試合をするのが辛かった・・・。



    と、そんなブレイズが迎えた、さわやかカップ教育リーグ決勝トーナメント一回戦。対戦相手は、予選リーグを4勝1敗の2位で通過した南山田ライオンズさん。


    試合の結果は・・・?


    ブレイズ |1 2 1 0 1 0 | 5
    ライオンズ|0 0 1 0 0 0 | 1


    なんと! 5対1で勝利!!! 予選2位通過の強豪に勝っちゃいました。

    二人のピッチャーがよく投げてくれました


    この試合の勝因といえば、暑い中にも関わらず二人のピッチャーがよく投げてくれたことです。


    二人で三回ずつ投げて被安打2、フォアボール2、奪三振4の1失点でした。


    エラーは二つありましたが、大きなミスにはならず、守備も全体的にはよかったです。


    特にセカンドの選手は、確実な守備で5回の守備機会をすべてアウトにしてくれました。

    連日の長打


    前日の試合でセンターオーバーのランニングホームランを打ったキャプテンでしたが、この日も第三打席でレフトオーバーのスリーベースヒット。二日連続での長打で調子は上向きです。


    「もうすぐ引退になっちゃうから、バッティングドリルをもっとマジメにやって!」と言ったおかげでしょうか?www


    バッティングフォームはまだ開発途上なので、ノンビリしているヒマはないのですが、打てちゃってるならそれでもいいかなww


    コロナの影響で、今年の6年生が出場できる公式戦は残りわずか。でも、この日勝ったことで、このチームでできる公式戦が1試合増えました。


    これからは、一試合、一試合、思い出に残るように精一杯全力で戦いましょう。


    The following two tabs change content below.
    Yokohama Blaze

    Yokohama Blaze

    横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。