西澤コーチ西澤コーチ

平和台ブルーツインズ戦です!


 

今週も練習試合で力試しです。
 

スコアを見ると分かる通り結果は引き分けでした。先週に引き続き接戦の試合と思いきや今週は先制を許すもすぐに逆転 しかもビッグイニングとしたのですが以降は、じわじわ追い上げられた結果の引き分けでした。勝ち負けだけがすべてではないですが、・・・野球は難しいです。
 

初回は四球で出したランナーに盗塁やバッテリーエラーで進塁を許し、落ち着かないまま失点をするザ・少年野球でした。打たれたヒットはないんですけど、アウトにできるときにしておかないとこうなります。リズムよくゲームを開始すること簡単なことでないんです。
 

そんな中でも送球に対するバックアップができる場面も増えてきました。一度は失点を防いでいます。これも「できること」のひとつ、確実な進歩です。
 

3点を失った直後の最初の攻撃。ブレイズも四死球で走者を出してなんやかんやで得点できました。そんな中、唯一のヒットは下級生の長打でした。これはお見事!四球もヒットも同じだとも言われますが、ここは小学生の野球。ましてや低学年、どんどん振っていってほしいです。ブレイズでは「待て」のサインはありません。スリーボールでも「打て!」絶好のバッティングカウントです。最近取り組んでいる走塁も含めて積極的にいきましょう!
 

2回以降攻撃では、何もできませんでした。相手は2番手ピッチャーに変わったのですが、球威もありコントロールも良かったです。このスピードは練習でも見たことないですね。打てなくて当然です。今後のテーマとして追加しておきます。4番君だけは内野ゴロでしたけど球はしっかりととらえていましたね。さすが!
 

うちの投手陣も負けていません。2番手以降のピッチャーは1イニングずつでしたが、ストライク先行でテンポよく投げていましたね。
 

最終回はサヨナラをかけて2年生の代打攻勢でしたが実りませんでした。けどベンチのみんなが下級生に声をかけている姿はとても印象的でした。
 

試合開始直後のことを野球では「たちあがり」といいます。「ピッチャーのたちあがりがねらい目だ」などとプロ野球のピッチャーでも投げてみなければ分からない不安なものです。少年野球ではピッチャーだけでなく野手もベンチも不安な気持ちが出てしまいがちです。チームの雰囲気を作って試合に入っていくことが大切です。
 

さあ、来週もまた頑張りましょう!
 

平B 32020 | 7
横B 70000 | 7


The following two tabs change content below.
Yokohama Blaze

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。