9月15日に今年度、ブレイズBチームが参加しているメインの大会であるYSWJの決勝トーナメントが行われました。お相手は磯子区のフォースターズさん。前日にAチームの練習試合をしていただいたチームです。


「え? これまで1勝もしてないのに決勝トーナメントに進めるの?」と思った方は、スルドイですww


YSWJはブロック戦の結果で、AからDまである決勝トーナメントのうち、どのトーナメントに出場するのかが決まります。


つまり、Aトーナメントにはブロック戦上位チームが集まり、Dトーナメントには下位が集まって、それぞれのトーナメントで優勝を争うのです。


ブロック戦で振るわなかったチームでも、その後の決勝トーナメント次第ではよい成績を収めることができるので、すごくよいシステムですよね。


しかし肝心の結果の方は、6対7の敗戦となりました。


先制して、逆転され、再度逆転してと、序盤は優位に試合を進めるというブレイズらしくない試合展開ww


慣れない展開で緊張したのか、そのうち追い詰められ、浮足立ち、最終的にはサヨナラ負けでした。


弱者に優しいYSWJのシステムを活かせず、今期は全敗で大会を終えることになりました。

【公式戦Bチーム】YSWJフォースターズ


不安や恐れで落ち着きを失うことや、逃げ腰になることを「浮足立つ」と言いますが、この試合のブレイズの選手をこれ以上的確に説明する言葉はないくらいぴったりです。


1回表にヒットや相手のミスから3点を先制し、裏の攻撃をゼロに抑える最高の立ち上がり。



バッターボックスに向かう時だって、こんな感じの笑顔でした。


でも回が進んでもまだリードをしていて初勝利を意識したからか、最後はリズムが崩れ、動きが硬くなり、ミス連発で試合終了。


ベンチとしては、試合中にもう少し落ち着かせてあげることができればよかったですが、今後の課題です。


これで今期のBチームは、なんと20連敗となりました。試合結果をみると内容が変わってきていて、確かに進歩はしていますが、勝つまでにはいたらず。


つまり、まだ勝つ実力がないから負けるのです。勝つためには練習を続けるしか方法はないです。頑張りましょう。


未来の大砲


惜しい敗戦の中で、よいこともありました。


最近入部してくれて、この日が初めての試合出場となった三年生ですが、素晴らしいスイングを見せてくれました。


ボールに最も力が加わるバットと腕が一直線になったポイントでインパクトを迎えようとしています。軸足がつま先立ちになっている点、上体が前に突っ込んでいない点もすごくよいです。


内角のベルト付近の甘いコースに来た球ですから、そのボールに手を出したのも正解です。


たまたま空振りでしたが、バットに当たっていたら間違いなく外野の頭を越していたでしょう。



片手フィニッシュも素晴らしいです。


右肩が前に出るまで身体が回転して、左手が「(志村けんの)アイーン」のようになっています。飛距離が出る打ち方です。


この時は片手フィニッシュで振り切って、バットがキャッチャーの肩に当たってしまいました。


(ルール上は問題ありませんが)すごく危ないので気を付けなくてはなりません。片手フィニッシュの場合、体の後ろにバットを置くことを意識するとよいと思います。


そのためには手首の使い方を覚えなくてはならないので、今度教えますね。


野球経験がまだほとんどないのに、いきなりの試合で、ここまでのスイングができるのはホントに素晴らしいと思います。このまま続ければ必ずホームランが打てるようになるので頑張りましょう!


フォースターズさん、二日にわたり上級生チーム、下級生チームがお世話になりました。ありがとうございます!


引き続きよろしくお願いします。


The following two tabs change content below.
Yokohama Blaze

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。