今年は、梅雨は雨ばっかりで冷夏だな~なんていってたら、メチャクチャ暑くなりました。


やっぱり日本の夏をナメちゃいけないと反省しているところです。


で、一ヵ月以上前の試合ですが、Aコーチから戦評が届きました。


YSWJの上永谷少年野球部との公式戦です。さっそくいってみましょ~。


上永谷少年野球部戦

戦評がずいぶん遅くなってしましました・・。


早速、戦評といきたいところですが、その前に、突然ですが野球クイズ!


<問題>1イニングに三振を4つとることは可能でしょうか?


簡単な問題ですね。


ファイナルアンサー!?


正解は・・。



可能です!


三振はスリーストライクとなった時点で成立しますが、必ずしもアウトとはなりません。


ランナーの状況にもよりますが、正規の捕球があった場合にアウトが成立しますが、正規の捕球が行われなかった場合にはインプレ―状態が続き、いわゆる振り逃げの状態となります。(バットを振ってなくてもですね)


振り逃げが成立すると、記録上は三振となりますが、アウトカウントは増えませんので、三振の数とアウトカウントはイコールではないんです。少年野球の「あるある」と言っていいでしょうね。


さて、肝心の戦評ですが、今回も点差が開いてしまったため、今回も選手の成長に目を向けることにします。


1点目は冒頭にあるように三振について。


改めてスコアブックを眺めていたのですが、三振の多いこと・・。


攻撃時ですが、5イニングで11個の三振。その中には、1イニング4三振も含みます!


現時点では練習の大半を守備練習に費やし、投手の投げたボールを打つ練習をしていないので、これはしょうがないことですね。


逆に奪った三振は、4イニングで11個。


アウトになっていないもの(振り逃げの成立)もありますが、ピッチャーは頑張っていますね!


こちらも1イニングに4三振を奪っているイニングがありました。


「K」以外にスコアで目につくのは、「E」の文字・・。まわりの守備で、頑張っているピッチャーを助けてあげたいですね。


ピッチャーの頑張り以外でよかった点は、途中交代で外野に入った選手。


交代時から集中していたようで、外野への打球をしっかり捕球し、中継までスムースに返球していました。


なんでもないプレーに聞こえるかもしれませんが、今のブレイズのレベルを考えると、成長が感じられるプレーです。


外野は集中力を保つのが難しいポジションだと思います。


集中して、ボールの行方をしっかりと抑えていないと、声も出すことができませんし、打球に反応することもできません。


少しずつ、少しずつですが、確実に成長しています。


暑い季節になってきましたが、選手は楽しく、厳しく頑張っていますので、まだ見ぬ勝利に向けて、着実に歩みを進めていると実感しました。


The following two tabs change content below.
Yokohama Blaze

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。