今回は、市内某所グラウンドへ。訳あって、場所は秘密ww


急な告知になったこともあり、参加者の方は少し寂しい感じでしたが、少人数でもちゃんと練習してきました。


でっかいでっかいグラウンドで、まずは基本練習。
そして、最後には野球の楽しさやルールを覚えてもらうために、試合形式の練習を長めにやりました。

初めてのキャッチボール


今回は、我々指導者にとって、とても嬉しい日になりました。


今日はじめて、子供同士でキャッチボールができるようになったのです。


野球のボールを投げるのも、捕るのも初めてのころから練習して、半年くらい。
これまでは大人相手のキャッチボールでしたが、今回初めて子供同士でボールを投げて、捕って。


自分たちでもワンランクレベルが上がったのが嬉しかったのか、子供たちも楽しそうにキャッチボールしてました。

子供の成長に携われる幸せ


少年野球に携わっていると、これまでできなかったことができるようになる瞬間にたくさん立ち会うことができます。


キャッチボールができるようになる。
速いボールが投げられるようになる。
遠くまで打球が飛ぶようになる。


本人はもちろん、周りでみている人だって笑顔になる。そんな素敵な瞬間にたくさん立ち会うことができるって、幸せなことだなと思います。


自分の子供だけじゃなく、子供の成長をみんなで見守る。
チームのみんなで一緒に子育てするようなチームにしたい。


ボクたちはブレイズを作るときに、そう考えていました。


キャッチボールができるようになった子供たちを見ていて、最初は言葉だけだったチームの姿が、実際に目に見えるようになってきたことに気づきました。


もっともっとよいチームになるように、指導者一同がんばります!


The following two tabs change content below.
Yokohama Blaze

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。