今回の試合は、さわやかカップ。相手は都築区の川和シャークスさん。さまざまな大会で、数多くの優勝実績を誇る歴史ある強豪チームです。

川和シャークスさんとは昨年8月に、教育親善大会で試合をさせていただき、その際は5-3で勝利しています。

高校野球では、強豪チームは冬を超えると一気に強くなるといいます。前回の対戦からオフシーズンを挟み半年以上経ちました。以前勝利したことがあるとはいえ、今回は別のチームに仕上がっていると考えてもよさそうです。

しかしブレイズも、冬の間は基礎練習とフィジカル練習を繰り返しレベルアップを図ってきました。その成果が試される一戦となりましたが、結果は・・・?

4-1で勝利!!

初回にミスで先制されたものの、その後の守備では粘って粘って、少ないチャンスをものにしてビッグイニングを作っての逆転勝ちでした。

ブレイズ |0 0 0 0 4 0 0 |4
シャークス|1 0 0 0 0 0 0 |1

初回ミスから失点

川和シャークスさんのような強豪チームと戦うときは、できるだけ先制点を取られたくないものですが、初回にショートのエラーでランナーを許し(記録は内野安打)、その後バッテリーエラーで1点を失います。

守備で粘って追加点を防ぐ

試合開始早々先制点を奪われたブレイズでしたが、その後は、ピッチャーだけでなく守備陣が踏ん張り、三者凡退が続きました。

その中で、冬の間練習してきた成果が表れたシーンがありました。

少年野球では、打撃力よりも走塁力の方が得点との相関が高く、強豪チームになるほど走塁が鍛えられています。

そのため守備側で考えると、そのすぐれた走塁をいかに防ぐかが課題となり、特にランナーが二塁にいるときの守備がポイントになります。

シーズンオフにその対策に力をいれてきましたが、この試合ではうまくいきました。

追加点を取られてもおかしくないケースでしたが、無失点で切り抜けることができました。

5回に試合をひっくり返す

一方、先週の試合では15安打と爆発したブレイズ打線ですが、この日は沈黙。

コントロールのよい相手ピッチャーに抑えられフォアボールを選ぶこともできず、ほとんどランナーを出せません。ジリジリとした展開が続き、四回まで無得点のままゲームは後半へ。

転機が訪れたのは、5回オモテの攻撃。先頭バッターがレフトオーバーツーベース。

この選手は、しばらく調子を落としていましたが、ここにきて打率が急上昇中。このまま打ちまくって欲しいと思います。

それにしても、試合の流れを変えるのはやっぱり長打ですね。外野の頭を超えて飛んでいく打球には、チーム全員を勇気づける力があると思います。

このツーベースをきっかけに試合が動き始めました。

ブレイズはあまりバントのサインを出しませんが、この時ばかりは送りバント。相手の守備位置などを見て判断したのですが、うまくいきました。

これが、結果的に相手のフィルダースチョイスを誘いチャンスが広がりました。

このチャンスに応えてくれたのが、続く7番バッターです。前進守備のショートの右を抜けるセンター前タイムリーヒットで同点に追いつきます。

その後、ランナー二三塁になり、8番バッターがピッチャーゴロ。このケースでの走塁も繰り返し練習してきた形です。

これが結局相手のミスを誘って、2-1と逆転することができました!

更に、9番、1番の連続ヒットで2点を追加し4-1。

逆転後は、相手をゼロ点に抑え、4-1で強豪川和シャークスさんに勝利!!

さわやかカップのトーナメントを勝ち進むことができました。

終わってみれば得点できたのは5回だけでしたが、追いつき、逆転し、突き放した集中力は見事でした。

続いて行われた練習試合は2-5で敗戦

公式戦に続いて、練習試合もやっていただき、1試合目に出場できなかった選手を全員先発フル出場させることができました。

結果は、2-5の敗戦。

シャークス|0 1 2 1 1 |5
ブレイズ |0 2 0 0 0 |2

打たれたヒットは1本だけでしたが、エラー7個とバックが守ることができずに負けてしまいました。

送球エラー、落球、カバーリングと厳しい内容のミスが多かったです。

選手たちだって当然理解していると思いますが、1試合目の先発メンバーがレギュラーで、2試合目は控え選手です。

その間には、技術的な差がある・・・と思わざるを得ない結果でした。

本人たちもガッカリの内容で、落ち込んでいたかもしれませんが、1試合目に先発で出場している選手たちもちょっと前までは同じように簡単なミスを繰り返していました。

半径2メートル以内のフライを落球する姿を何度見てきたことか・・・。

そうなんです。現状では、確かに差はあるかもしれないけど、大きな差ではなく頑張れば追いつける差です。

選手たちにはいつも言っていますが、少年野球とはいえスポーツなので競争は避けられません。

レギュラーは与えられるものではなく、奪い取るものです。自分を信じて、頑張って努力して欲しいと思います。


The following two tabs change content below.

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。