守備練習しました!

暑い、暑いと言っても何の解決にもつながらないけど、30度を超す日がこう毎日続くと、「暑い・・・。」しか言うことが無くなってきます。
今日もやっぱり暑かった・・・。


今日の横浜の最高気温は34度。
風はほとんどなくて、運動するには大変な環境でしたが、それでもブレイズの選手たちは元気でした。
今日は、小学生とジュニアの2グループに分かれて練習。


小学生は、守備練習を中心にやりました。
ゴロの捕球からスローイングへの動作が一連の流れになるような練習です。


フィールディングは流れがとても大切。
「捕る」「投げる」を別々の動作にするのではなく、一連の流れの中で行うことが必要です。
動きながら「捕り」、そのまま動きながら「投げる」ことができるようにしたいのです。
野球を始めたばかりの子供にとっては、これがなかなか難しいのですが、なるべく早く全員ができるようにしたいと思ってます。


ゴロ捕球のポイントについては以前この記事でまとめているので、読んでみてください。
少年野球守備 内野ゴロ捕球のポイント

守備練習を優先する理由


いま、ブレイズでは守備練習を中心にやってます。
上級生も下級生も同じです。
なぜかというと、守備をある程度のレベルまで仕上げると「割と勝てるチーム」になるからです。


少年野球はミスによる失点がとても多いです。
「点を取る」というよりも、「点をもらう」場面がとても多くあります。
守備で簡単にミスをしないレベルになれば、相手が勝手に点をくれるので、普通のレベルのチームには勝てるようになります。


もちろん、上には上がいるので、もっと強いチームに勝てるようになるには、例えば走塁だとか、打撃とか他の要素が必要です。
でも、ブレイズではまだそこまで考える必要はありませんね。
まだまだ、これからです。


というか、その前に連盟に登録できるだけの選手を集めないと・・・。


The following two tabs change content below.
Yokohama Blaze

Yokohama Blaze

横浜市南区少年野球チームの横浜ブレイズです。できたばかりのチームですが、スタッフはみんな経験豊富で、子供と野球が大好きです。 子供の特性を理解して練習スケジュールを組み、楽しく愛情をもって丁寧に指導します。